古賀春江「農村風景」

古賀春江「農村風景」

水彩画を普及するため美術雑誌『みづゑ』が創刊されるな
ど、1900年代には日本で水彩画ブームが湧き起こりました。
本作は古賀春江が1912年8月に描いた水彩画。画家を目指し
上京する直前に故郷・久留米の風景を描いたものと思われま
す。みずみずしく輝くような明るい色彩は、未来への希望を
胸に膨らませ高揚する古賀の心の現れのように感じられます。

 

作品情報

作家名:古賀春江

作品名:農村風景 

サイズ:23.9×32.8㎝

紙 水彩

1912年8月

東京美術倶楽部鑑定あり

詳しくはブログから

 

    ¥2,000,000価格

    ©2020 by The Blue Box。Wix.com で作成されました。