徳岡神泉「牡丹」高貴な牡丹と蝶々

徳岡神泉「牡丹」高貴な牡丹と蝶々

日本画の牡丹の高貴さは格別です。ほんのり光って、蝶々を迎えています。どんなお話をしているのでしょうか。幻想的で高尚なお伽話の世界です。

  • 商品情報

    作家名:徳岡神泉

    作品名:「牡丹」

    鑑定:あり

    サイズ:62.5×32.2㎝

    技法:絹本・彩色

    制作年:1936年4月

  • 絹本(けんぽん)とは?

    絹に描かれた日本画を絹本(けんぽん)と呼びます。その絹は絵絹(えぎぬ)と呼ばれます。絹独特の艶と輝きが美しいです。ほんのり光ってみえる牡丹が引き立っています。

    また、紙に描かれたものは紙本(しほん)といいます。

  • 徳岡 神泉(とくおか しんせん)

    明治生まれの日本画家。禅の修行も積み、画風には写実的な表現の中に静謐な精神性と幽玄美が見られます。1966年に文化勲章を受章。

¥600,000価格

©2020 by The Blue Box。Wix.com で作成されました。