速水御舟「茄子」

速水御舟「茄子」

御舟は本作の前後に「京の舞妓」を描いています。

この頃、世話になっていた呉服屋の若主人 内貴清兵衛は

常に「自分の目で見ろ、写実に徹し、写実を捨てて抽象に向かえ」

と論じ、御舟と三日三晩議論を交わしたこともあったとか。

同時代の岸田劉生らの影響もあり、大正9〜10年頃には精緻を極めた

素晴らしい細密画を残しています。物の質感の再現に日本画の画材で

どこまで迫れるか徹底的に取り組んだ時代の作品です。

 

商品情報

作家名:速水御舟

作品名:茄子

サイズ:22.2cm x28.5cm

制作年:1920年

共箱

紙本、彩色

 

掲載文献

「速水御舟大成[一]」No.142 P154 (小学館)

「速水御舟」No.105 P50 (便利堂)

 

 

 

    ¥12,000,000価格