top of page
  • 執筆者の写真青龍堂 店主

安田靫彦の万葉集

昭和43年皇居新宮殿に東山魁夷「朝明の潮」と一緒に安田靫彦は「万葉集和歌」を納めました。

千草の間に万葉集から選出された草花と鳥の歌をそれぞれ10種ずつ漢字と仮名で色替わりの料紙に描きました。



こちらはその中の

春野尓 須美礼採尓等 來師吾曽 野乎奈都可之美 一夜宿二来


春の野にすみれ摘みにと来しわれぞ 野をなつかしみ一夜寝にける


春の野に、すみれを摘もうとやってきた私は、その野の美しさに心引かれて、つい一夜を明かしてしまった。


山部赤人




心惹かれてつい一夜を明かす


素敵な心境ですね。


(文/青龍堂店主)


安田靫彦

万葉集「春の野に」

58.5×31cm

鑑定あり


青龍堂ギャラリーでは作品を実際にご覧いただけます。













閲覧数:43回0件のコメント
bottom of page