熊谷 守一「雪月花」画壇の仙人の書

熊谷 守一「雪月花」画壇の仙人の書

唐の詩人、白居易が遠くにいる友人の殷協律に送った詩に「雪月花時最憶君(雪月花の時 最も君を憶ふ)」という一節があります。雪月花とは冬の雪、秋の月、春の花、それぞれの景物の美しいとき、つまり四季を感じる物の総称です。

 

晩年に書を始めた熊谷守一は自分の好きな言葉を数多く残しています。書は余技だからと語り、名声を求めず、常識にとらわれず、独自の世界に遊ぶように豊かに生きた熊谷守一。そんな熊谷らしいほのぼのした雰囲気を持つ作品です。

 

作家名:熊谷 守一

作品名:雪月花 

サイズ:37.5×12cm

紙  墨 

熊谷守一水墨淡彩画鑑定登録会 鑑定登録書あり

(表示価格は消費税込でございます。)

    ¥600,000価格

    ©2020 by The Blue Box。Wix.com で作成されました。