「織部 灰落」純日本風の香り高き織部

「織部 灰落」純日本風の香り高き織部

北大路魯山人 「織部 灰落 対」 織部(おりべ)という陶器は、その絵は素朴で、萌黄色(もえぎいろ)の釉(うわぐすり)が使われ、純日本風の香りが高い、と魯山人(ろさんじん)は言っています。平安時代から用いられた伝統ある萌黄色(もえぎいろ)。新緑の若木の色です。季節のお花をさりげなく活けても素敵だと思います。 参考:「魯山人陶説」中公文庫、中央公論新社
  • 商品情報

    作家名:北大路魯山人

    作品名:織部 灰落 対

    サイズ:6×9.5×9㎝

    備考:共箱

     

  • 共箱(ともばこ)とは?

    作者が自ら箱書きをした箱に作品が収められていることです。その箱自体も共箱(ともばこ)といいます。真作であることの証明となります。

    鑑定書と共に保証書のような役割も果たしています。魯山人の名前を示す、カタカナのロという字が入っています。

  • 灰落

    灰皿は灰を落とす入れ物であることから、「灰落とし」とも言われます。

    この作品は灰落としとしてはほとんど使われなかったようで状態がとてもいいです。

¥450,000価格

©2020 by The Blue Box。Wix.com で作成されました。