• thebluebox

日本美術をたしなむ講座Vol.2 中川一政の書

中川一政(かずまさ)

1893年(明治26年)生まれ

1991年(平成3年)享年97歳


中川一政は日本洋画壇を代表する画家です。自由奔放に自らの画境を切り開き、昭和50年には文化勲章を受章しています。

中川は美術学校に行かず、絵との苦闘が長かったようです。代表作の「福浦港」や「箱根駒ケ岳」の連作が発表されたのは50代後半でした。

「上手下手でなく絵は生きていなくてはならない」が信条でした。




書を味わうことはなかなか難しいと思うのですが、彼の言葉からヒントを得ることができました。


「日本ではみな字は読める。読めない人を探すのが難しい。字を読むのは難しくないが字を書くとなると難しい。

字はもともと裸だ。書くということは裸に着物を着せることだ。抽象が具体になる事だ。それぞれ似合う着物を着せようとする。それが書体の考えはじめだ。」



着物を選ぶように書体を選ぶ。どんな着物を着るかで、その人がわかる。

書を鑑賞する際に思い出していただけますと嬉しいです。


(文/The Blue Box)


毎週金曜日夜のフェイスブックライブ「金曜深夜の座談会 江戸時代の音楽一中節」の中でもとりあげています。14:00ごろにカーソルを合わせてお楽しみください。








   




閲覧数:103回0件のコメント

最新記事

すべて表示