「ランプ」ガレが光の中にみたもの

「ランプ」ガレが光の中にみたもの

エミール・ガレ 「ランプ」

電球が発明され、アール・ヌーヴォーの巨匠、ガレのガラス美術は光を得て、崇高とも言える世界の扉を開けました。晩年のガレが語った「美しい光の国」。このランプの光の中になにをみていたのでしょうか。ブログも是非お読みください。

  • 商品情報

    作家名:エミール・ガレ

    作品名:テーブルランプ

    サイズ:27×13㎝

    備考:サインあり

     

  • エミール・ガレ

    ガレはガラスや家具の部門で他の追随を許さない独自性を開花させ、パリ万博でグランプリを受賞するなど、アール・ヌーヴォーの巨匠として名を馳せました。若い頃から、古典、中世、バロック、ロココ、さらにはイスラム、中国、日本などの幅広い美術を貪欲に学びました。特にジャポニズムには大きな影響を受け、浮世絵の得意な構図や、虫・鳥・草など自然界のモチーフを取り入れた華麗な作品を制作し、人気を博しました。

    (青龍堂キャプションより)

¥1,000,000価格

©2020 by The Blue Box。Wix.com で作成されました。