• 青龍堂 店主

鳥海青児とゴヤ

鳥海青児(1902〜1972)は「日本の油絵とは何か」について探究し続けました。


そして晩年、独自の重厚なマチェール(絵肌)を完成して、西洋文化と日本らしさを融合した独自の世界を作り上げました。


今回ご紹介するのは、その影響の色濃い1933年頃の「アルゼリー風景」です。


当時多くの日本画家は印象派に影響を受けましたが、鳥海は初めてのヨーロッパ旅行で、ゴヤに魅せられました。


スペインのプラド美術館に、ゴヤの「黒い絵」と称される絵があります。ゴヤは人間不信となった晩年に、家の壁面を14点の壁画で覆います。


鳥海青児は「黒い絵」は「生涯に決定的な影響を与えた」と語っています。


ゴヤの深い深淵に影響を受けた鳥海の眼には、当時のアルジェリアの港は、この作品のように映ったのでしょう。


その重く重厚な筆の流れや水の表現は、見るものをゴヤの深い深淵に誘い、引き込んでいきます。


この純粋に深く引き寄せられるような描き方に、何故かとても強く心を掴まれます。


こののち、鳥海はこの時代とはまた違った厚塗りのマチェールを作り出して独自の世界を築いていきますが、ゴヤに魅せられたこの時代があるからこそ、後の時代の深みも生まれてくるのです。



(文/青龍堂店主)


作品情報


作家:鳥海青児 

作品名:「アルゼリー風景」

サイズ:24.1cm×33.1cm

ボード・油彩


 

#鳥海青児



41回の閲覧0件のコメント