top of page
  • 執筆者の写真青龍堂 店主

黒田清輝 「春の畑」


黒田清輝の大正6年「春の畑」

13.3×18.1cm 油彩・板 

とても小さな作品ですがとてもよく描き込まれていて、魅力的な作品です。


この頃の黒田は大正9年に貴族院の議員になるなど、、公人として多忙な日々を過ごしているので、時間がなく小品が多くなります。


ただ絵に対する情熱は全く衰えず、

「私の欲を言えば、スケッチの域を脱して絵といふものになる様に進みたいと思う。」

と語っています。

心象を表現したいということでしょう。


この作品でも春の日差しの中の、のどかな光景がじわっと人の心を掴みます。


板の裏の左上には剥がれたシール跡がありました。調べてみると黒田が亡くなった1924年に遺作展が開催されていて、その出品のシールであることがわかりました。


近代日本洋画の父と言われた黒田清輝の魅力溢れる小品ですね。


(文/青龍堂店主)


黒田清輝「春の畑」

大正6年

13.3×18.1cm

油彩・板 

東美鑑定評価機構

閲覧数:76回0件のコメント
bottom of page