• 青龍堂 店主

紅梅と徳利 小倉遊亀



金泥(きんでい)で扇面に書き分けられた画面に、特徴のある徳利と生き生きとした楽しげに咲き誇る紅梅。なんと美しく品のある絵でしょう。


この絵は小倉遊亀先生の描かれた「紅梅と徳利」です。


陶磁器を愛し花を活かして描く静物画は師の安田靫彦先生が

「北鎌倉の特産品」と称して絶賛したそうです。(小倉先生は北鎌倉に住んでいました。)


小倉遊亀先生は古九谷の皿や徳利だけでなく、この作品で描かれている富本憲吉の九谷の捻徳利(ひねりとっくり)も愛蔵されていました。


華やかな扇の舞のような、

春の到来を待ち望む美しい作品ですね。



(文/青龍堂店主)


小倉遊亀 「紅梅と徳利」

38.4㌢×55.3㌢

紙本 彩色

鑑定あり

閲覧数:46回0件のコメント