• 青龍堂 店主

坂本繁二郎の馬

更新日:5月27日

坂本繁二郎は留学から帰国後、馬を題材とした作品を精力先に描き始めました。

以後、馬は生涯のテーマとなって行きます。






この作品は1936年に描かれた水彩です。

「耕馬」というタイトルで、畑を耕している馬を描いています。

ちょうどこの頃は、代表作の馬の油彩を多く描いている時期です。

静物画と違って馬は描くのも一苦労だったようですが、それでも納得のいく作品を追い求めて描き続けました。

光と色彩を追求していた坂本の、その魅力を感じさせる作品です。


日本人にしか描けない絵を描くことを追求していた坂本繁二郎。彼の見つめていた光と色彩を感じられる気がします。


(文/青龍堂店主)


坂本繁二郎 「耕馬」

1936年 10.9㌢×17㌢

鑑定あり

坂本繁二郎画集掲載 No.286


閲覧数:12回0件のコメント