top of page

上村松篁「春水」


今回ご紹介する作品は、

上村松篁の「春水」という作品になります。



母親が上村松園であるという環境からか

自然と絵と向き合う時間が増えて、

子供の頃から好きな動物、特に虫や鳥を好んで描きました。


徹底した写実に美を求めていた松篁は、アトリエに鳥小屋を設けて、約280種、約1200羽の鳥を飼育し、常にスケッチし続けたそうです。







今作は、オシドリを題材にした作品で、三羽でいる風景を描いているものになります。

桜の花びらを描くことによって、あえて水面を描かずに水の上を表現し、そこでの可愛らしいオシドリの動きを描いております。


(文/青龍堂 大木)


上村松篁「春水」

27.2×24.1cm

絹本・彩色 

東美鑑定評価機構鑑定書あり

閲覧数:46回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page