• 青龍堂 店主

中川一政の陶器

「美術というから、美しくなければいけないと、みんな思っているようだけど、いつも言うように、画はきたなくたっていい。それよりも、生きているか死んでいるかが、大事なことだ。美しく整って死んでいる画より、きたなくても息をしていればいい」

と中川一政先生は語っています。


今日ご紹介するのは陶器です。

絵も書も陶器もやはり先生らしく、綺麗で整ったものではなく純粋で無骨な外見ですが、ちゃんと息をしています。


こちらは信楽花生ですが絵や書の線と共通して、力強くてすこしゴツゴツとした質感を感じます。


このぐい呑みと蓋置も面白いですね。


この字の線の力強さ。


絵を描いても書を書いても陶芸をしても、やはりその人らしさが滲み出て豊かな味わいとなります。


実際に手に取って頂けるとこの感じが伝わるんですが..


(文/青龍堂店主)


中川一政

信楽花生 h20㎝

ぐい呑み 

蓋置

書「芸」墨・紙 69.3×70.3cm

昭和55年1月 東美鑑定評価機構鑑定書
















閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示