• 青龍堂 店主

安井曽太郎の紫禁城

最終更新: 4月20日

安井は1937年から数回、満州国美術展の審査のため中国を訪れています。

今回ご紹介するのは、1944年の新京北京旅行の際に描かれた作品です。


抜けるような晴天、城壁の淡紅色の壁、黄色の屋根、それぞれの色彩のコントラストが

鮮やかです。


躍動感に満ちた筆の描線は、安井の試行錯誤の末に到達した領域なのでしょう。

安井曽太郎のたどり着いた最高の水彩です。


彼の見た紫禁城と晴天の空。空気やそよ風の音など感じられませんか?


(安井曽太郎 作品名:「紫禁城(北京)」青龍堂)



このもう少し後ろから見た構図の油彩の作品が、ポーラ美術館に収蔵されています。

見比べてみるのも楽しいものです。また空気感が違います。どちらがお好みでしょうか?


(安井曽太郎 作品名:「中国風景」ポーラ美術館)




こちらは作品と同じ場所の午門(紫禁城の正門)の写真です。



作品情報

安井曽太郎「紫禁城(北京)」

26.4×34.8cm

鉛筆・水彩 紙

東京美術倶楽部鑑定委員会鑑定書あり


(文/青龍堂店主)


#安井曽太郎

#紫禁城

#ポーラ美術館




103回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示