top of page

山口薫のクマ

更新日:2月13日


山口薫のクマと文字で書くと知らない方は熊を描いているのかと思いますが、飼い犬の甲斐犬の名前です。



このクマと作家のやりとりだけの本も出ています。

山口薫にとってはかけがえのない存在だったのです。

本の帯には

「生きるのが不器用な画家」と

「画家以外に無愛想な犬」との

哀しくも幸福な7年間の日々

とあります。


是非、作品をご覧になって山口薫の愛情を感じていただきたいです。


(文/青龍堂店主)


山口薫 「甲斐虎の子」クマ

1962年 キャンバス・油彩

53.0㌢×45.4㌢

鑑定あり

画集No.789

1962年第12回モダンアート協会展(東京都美術館)






閲覧数:123回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page