top of page

安井曽太郎の線と色


安井曽太郎の水彩です。

この線に塗りすぎない色の絶妙なバランスが素敵ですね。



サッと引いてそこに水彩でまたサラッと色をつけているだけなのですが、セザンヌの水彩を彷彿とさせるような魅力があります。



こういう洒落た水彩が掛かっているお宅にお邪魔したら、この家の主人はセンスがいいな!と思いますね。


(文/青龍堂店主)



安井曽太郎(1888~1955)

洋画家。京都の生まれ。大正から昭和にかけての洋画家。梅原龍三郎と並び称された。渡仏してピサロ、セザンヌの影響をうける。帰国後、日本の風土に即しつつ、明るく近代感覚あふれる画風を確立した。文化勲章受賞。



安井曽太郎 

水彩風景

東美鑑定評価機構

閲覧数:46回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Commentaires


bottom of page