top of page

長谷川潾二郎のミモザ

今回ご紹介するのは長谷川潾二郎の「ミモザ」です。



写実的でありつつも幻想的な独特の画風はとても魅力的ですが、とにかく遅筆で寡作(筆が遅く作品が少ない)、その上、画壇からも距離を置き、孤高とも言える脱俗の制作態度を貫いたため、これまでその画業が明らかにされることはありませんでした。



ただ近年再評価された《猫》が、あまりにも有名になりました。


この作品の有名なエピソードがあります。


猫は愛猫の太郎。実物を眼の前にしないと描けないという長谷川は筆が遅く、この《猫》に片方の髭がないのは、「太郎がこんな恰好で寝るのは年に2回だけ」といっているうちに、死んでしまったからというお話です。


この希少な作家の作品ですが、1点描くのに数年かかったというだけあって見ていると

じわ〜っと引き込まれる不思議な感覚になりますね。


この魅力、実際にご覧頂けたら幸いです。


(文/青龍堂店主)


長谷川潾二郎 「ミモザ」

44.5㌢×30.0㌢

キャンバス・油彩

1932年

鑑定あり




閲覧数:175回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page