• 青龍堂 店主

小林古径の朝顔 その3 表具編

更新日:2021年10月24日

小林古径が尾形光琳の香包を模写した「朝顔」。


とてもいい作品なのですが、光琳の香包とくらべると、何か違和感があったのです。


下地が金箔と紙の違いはありますが、細部はたらし込みや岩絵具の美しさが素晴らしいです。ただ、長年の経験からくる違和感を拭えません。


そこで色々考えてみました。


額装されたことによって、絵が四角い枠の中に閉じ込められているのではないか。伸び伸びとした感じが失われています。私には、囚われの姫、のように見えてきました。


そこで、早速表具屋(ひょうぐや)さんにその旨をお伝えして、お軸に変えてみることにしました。


翌週訪ねたところ、生地をあてて見せてくれました。

とっても良いですね。


色のトーンもよく、葉の墨の色や朝顔の群青が引き立ちます。この品の良さが、作品とよく合っています。



まるで着物と帯ををあてて合わせる時のような楽しい時間。こんな風に見せてもらうと、本当に分かりやすくてありがたいです。


仕上がりが待ち遠しいですね。


この作品についての以前のblogはこちらです。どうぞ合わせてお読みください。


小林古径の朝顔

https://www.bluebox.gifts/post/kobayashikokei_asagao

小林古径の朝顔その2 香包実験編

https://www.bluebox.gifts/post/kobayashikokei_asagao_ogatakorin


(文/青龍堂店主)



作品情報

小林古径 朝顔

41.8㎝×31.7㎝

紙・彩色

閲覧数:136回0件のコメント

最新記事

すべて表示