top of page
  • 執筆者の写真青龍堂 店主

奥村土牛 舞妓


奥村土牛の素描は、そのものの真髄を捉えるような線が魅力です。



舞妓について土牛は

「舞妓さんはいわば人形のような美しさです。そこには舞妓さん個々それぞれの顔かたちの異なるように、その美しさも異なるなですが、顔も衣装もそれら一切を含めての舞妓の美しさといいますか、その中にある古風な魅力とでもいいますしょうか。私はそれに惹かれ、それを掴みたいと思っています。」

と語っています。



魅力的で素敵な作品だと思っていたら、なんと1961年4月号の「文学散歩」という本の表紙を飾っていました。


時が流れても、この舞妓さんの凛とした美しさは変わることはありません。土牛の素描は本当にいいものです。


(文/青龍堂店主)


奥村土牛 「素描 舞妓」

51.3㌢×42.9㌢

東美鑑定評価機構

1961年4月号「文学散歩」表紙絵

閲覧数:57回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page