top of page
  • 執筆者の写真青龍堂 店主

獅子石像

更新日:2022年3月30日

この獅子の石像は以前お客さまにお納めしていたのですが、久しぶりに再会して嬉しくてお写真を撮らせて頂きました。

高さが15㎝くらいの獅子の石像で、表情や佇まいがなんとも魅力的なんです。


いつ頃の作品でもちろん誰が作ったのかは全くわかりませんが、この魅力に魅せられた人達がいます。

箱書きがあります。良寛のようなこの字は、安田靫彦先生ですね。

この作品は先生のご遺族から出てきました。


安田靫彦先生の箱書きによると、

小林古径先生と奥村土牛先生が持っていて、その後、靫彦先生の手に渡ったことがわかります。

左上は古径先生の印です。


この素晴らしい先生方に愛され、大切にされていたこの石像、魅力的なのは当然ですね。 このように誰が所有してきたかもとても大事なことなのです。 (文/青龍堂店主)









閲覧数:52回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page