• 青龍堂 大木

梅原龍三郎の書


梅原龍三郎は数多くの絵画作品を描いておりますが、書の作品も数多く残しております。

本作もその一つです。


「寳系」という文字を調べたのですが、あまり意味が出てきませんでした。

現代中国語では系の文字は、“ベルトを締める”や“繋ぐ”などの意味もあります。「寳(たから)を受け継ぐ」「寳(たから)につらなる」のような意味なのかもしれません。

また、本作の字体からも考察してみました。

梅原龍三郎は数多くの貴重な美術品を持っておりました。この「釈迦寳殿」も梅原旧蔵の作品となります。


これは中国の南宋時代にいた、無凖師範と呼ばれる臨済宗の僧の書になります。

日本人の弟子である円爾(えんに)へ贈った墨跡です。日中の禅僧の交流が分かる大変貴重な作品であり、重要文化財に指定されているものです。


梅原龍三郎はこの作品を持っておりましたので、その影響でしょうか、少し字体が似ている気がします。






画家も様々な芸術作品に触れる事で、新たな作品が生まれたり、画風が変化したりすると思える一品です。


(文/青龍堂 大木)



梅原龍三郎

「書『寳系』」

60.6×33.5cm

金泥 紙(赤地)

東美鑑定評価機構鑑定書あり

ショップページ



#梅原龍三郎

#書



閲覧数:56回0件のコメント

最新記事

すべて表示