top of page
  • 執筆者の写真青龍堂 大木

ART FAIR ASIA2023


[お知らせ]

弊社は9/22〜24に開催される

ART FAIR ASIA FUKUOKA2023(AFAF2023)

に出展いたします。


アジアの玄関口である福岡の街に過去最多となる国内外の117ギャラリーが集結、アジアのアートの魅力と熱気が詰まったフェアとなっております。


Ticket

前売り券¥2,500 当日券¥3,000

いずれも3日間通し券


Access

マリンメッセ福岡B館

福岡県福岡市博多区沖浜町2-1



青龍堂は須田剋太の作品を中心に出展いたします。


作家名:須田剋太

作品名:七五三

サイズ:60.6×41cm

油彩・キャンバス 1985年



作品情報



詳しい情報につきましては、

Tel: 03-6427-3777

までどうぞご気軽にご連絡ください。

(文/青龍堂 大木)



須田剋太 Suda Kokuta(1906年 - 1990年 )

1906年に埼玉県吹上で生まれた須田剋太は川端画学校で1年学び、東京美術学校を4度受験するが不合格となり、その後独学で描くようになります。1949年に抽象画家の長谷川三郎と出会い、抽象絵画への取り組みを始め、約20年ほど抽象絵画を描きます。須田の抽象作品は国際的な美術展に数多く出品して、高い評価を受けています。道元の禅の世界に傾倒し、高い精神性が感じられる趣深い作品を描きました。1971年から司馬遼太郎の「街道をゆく」の連載が始まり、その挿絵を担当することとなりました。







閲覧数:25回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page