• thebluebox

日本画が誇る白

最終更新: 4月19日

山種美術館で初めて日本画を見た時、西洋画との圧倒的な違いの一つが白の美しさだと思いました。牡丹の白、兎の白、花瓶の白。


主張しすぎないのに凛としてしなやかな白。学校で使っていた絵の具の白とは違うみたい。


日本画には独自の絵具が使われていると知り改めて納得しました。


現在は胡粉と呼ばれる絵具が使われることが多いらしいですが、貝殻が使われているそうです。


この小茂田 青樹(おもだせいじゅ)の鳩の白も胡粉が使われているそうですが、上品でかわいい白い鳩ですよね。ツツジの赤とのコントラストがいいです。





小茂田 青樹 「鳩」 青龍堂



お雛様も能面にも胡粉が使われているそうです。今日出したお雛様。凛とした透明感のあるお顔です。この白は日本が誇る白ですよね。



小中学生の時に日本画の絵具で絵を描いてみたかったな。白以外の日本画の絵具にも興味が湧いてきます。


(文/The blue box)


商品情報


作家名:小茂田青樹(おもだせいじゅ) 作品名:鳩 鑑定: あり 扇面 技法:金地・彩色 備考:古径箱

価格等はこちらをご覧ください。



#山種美術館

#青龍堂

#小茂田青樹



★今後とも皆様に喜んでいただける記事を載せていきたいと思います。

 ご感想ご意見、ございましたら是非コメント欄にお願いいたします。

★青龍堂の商品にご興味のある方はこちらの商品詳細をご覧下さい。

https://www.bluebox.gifts/shop

51回の閲覧

©2020 by The Blue Box。Wix.com で作成されました。