top of page

銀座室礼 撮影 2023/7 part1


The Blue Box (by 青龍堂)の作品は美術カタログ誌「銀座室礼」で紹介されています。

「銀座室礼」では一流の美術画廊が扱う上質な美術品(絵画、陶芸、骨董品)の情報、他にはない日本文化を究めるエッセイ、対談などもお楽しみいただけます。


さて、7月に入り、次号の撮影がありました。場所は【葉山加地邸】。有形文化財に登録されています。最近では高橋一生主演のNHKドラマ「岸辺露伴は動かない」の撮影に使われていました。


建築がお好きな方はご存知でしょうが、加地邸は三井物産初代ロンドン支店長を務めた加地利夫の別邸として、近代建築家の巨匠、フランク・ロイド・ライトの弟子である遠藤新により設計されました。旧帝国ホテルにも見られる大谷石が使われ、自然と融合する水平なデザインが特徴のプレーリースタイルです。


豊かな自然に恵まれた葉山別荘地の高台に【葉山加地邸】はありました。



三角形、六角形、円を組み合わせた幾何学のデザインが重厚で落ち着いたお部屋に調和しています。



さっそくどの場所に絵を飾るか決めていきます。最初の10分で全てが決まりますので緊張感が走ります。



また、地下には、海を楽しめるスパが新しく作られていました。とりの囀りも聞こえてくる素晴らしい空間です。こちらにはどの絵画を飾りましょうか?


次回は実際の撮影の様子をお伝えしたいと思います。


(文/The Blue Box)




#銀座室礼

#加地邸

#葉山加地邸

#フランクロイドライト

#FrankLloydWright

#遠藤新

#Kachi-tei


閲覧数:57回0件のコメント

Comentarios


bottom of page